会社案内

代表挨拶

当社の社歴は昭和6年、大日本調味料工業に端を発し、昭和10年に大阪製粉株式会社の協力会社として大阪食糧工業株式会社の商号で戦時中、グルタミン酸ソーダや醤油を製造し、昭和24年大阪製粉の化工部門として稼働しました。その後、同製粉会社の事業縮小により分離し、昭和27年9月、仕入先様、得意先様の協力を得て大阪食品化学株式会社が設立されました。

会社の名称は時代と共に変わっておりますが、経営主体の大幅な変更はなく、小麦グルテンから分解法でグルタミン酸ソーダを製造していた頃より、一貫して「味」に関わってまいりました。
「おいしさ」を追求する姿勢は現在も変わらず、たん白加水分解物(HAP、HVP)、複合調味料等の製造を主軸に事業展開しております。

全てのお客様により良く、安全で安心な製品をお届けすることを目指し、国際規格ISO22000を取得いたしました。
今後もお客様に「おいしさ」を提供し続けるべく、社員一丸となって歩んでまいります。

企業理念

  1. 1.私達は味を通じて社会に貢献できる企業を目指します。
  2. 2.我社の良心に恥じない最良の製品を作ります。
  3. 3.お客様が心から満足する製品を作ります。

経営理念

  1. 1.正直であれ 嘘をついてはならない。
  2. 2.誠心誠意努力する。

食品安全方針

  1. 1.食品製造者として食品の安全を第一と考え、製品の安全保証レベルの向上に取り組み続けます。
  2. 2.食品安全に関する法令を遵守するとともに、お客様が望む食品安全に関する要求を満たす製品を提供します。
  3. 3.製品の安全に関する正確な情報をお客様に提供するために必要な取り組みを行うとともに、お客様・提供者・業界団体等と積極的なコミュニケーションを行います。
  4. 4.これらの方針を実行するために、当社内にこれを周知し、従業員の食品安全方針に沿った行動や意識を向上するために、計画的な従業員教育を実施します。
  5. 5.食品安全マネージメントシステムを構築・維持し、継続的な改善を進めます。

ISO22000取得

認証適用範囲
アミノ酸液 液体調味料 ペースト状調味料の製造

お問い合わせはこちら

会社案内 Corporate guidance

〒532-0032
大阪府大阪市淀川区三津屋北3丁目3番71号
TEL:06-6302-0934
FAX:06-6308-5430

アクセス:
阪急電鉄 神戸線
神崎川駅より徒歩10分

関連リンク A related link

  • 日本アミノ酸液工業会